2019年1月ドラマ感想後妻業など

2019年1月開始ドラマ感想まとめ

続きです。

 

後妻業

 

ストーリーは面白く毎週見たいと感じます。配役も問題ありません。映画の後妻業についての物語が面白かったためドラマも興味がありました。後妻業の女の周りの人間関係が面白いです。期待通りの作品です。犯罪行為をコメディを混ぜながら表現されているところが注目のポイントです。女優さんはきれいな方が多くそこもポイントです。毎週、次回作を早く見たいなと展開も予想しながら楽しみにしています。今年のドラマで一番におすすめのものです。

 

初めて恋をした日に読む話

 

まずは、深田恭子さんが可愛すぎると思います。
本当に歳を重ねるごとに魅力的になっていると思います。
そして、不器用で鈍感な感じがする主人を演じているので、更に可愛く見えます。
また、恋人候補で気になるのは中村倫也さんです。
毎回作品によってキャラ設定が全然違い、完成度の高い演技を披露しているので素晴らしいと思います。
また、イケメンピンク頭の横浜流星さんも魅力的です。
高校生の純粋な感じを、上手く出して演じていると思います。

 

グッドワイフ

 

常盤貴子の久々のドラマなのでポイントは常盤貴子自身と言えるのですが、本当にに良い歳のとり方をしているのですごく見ていて綺麗です。スタイリストもセンスがあって服装もすごく似合っています。旦那役の唐沢寿明が抱えている秘密がなかなか明かされないのでヤキモキしますが、それ以外でどんどん弁護士として成長していく主人公がこれから離婚するのか、小泉孝太郎とくっつくのか気になる所です。エンディング曲が凄くこのドラマに合っていて気に入っています。

 

ワカコ酒

 

武田梨奈が主人公なので毎週かわいい人が見れることが魅力です。また私自身も酒飲みなので酒を飲んだり食べたりしているシーンを見ると気持ちが良くなります。なので今一番推せる映画だなと思います。また他人とお酒を飲むドラマではなく、ひとり酒を楽しむシーンが多いので、こちらも一緒に酒を飲みながら飲むと、同じ空間にいるような気持ちになれて幸せです。コミック原作なので、コミックも読んでいるのですが同様に面白いです。

 

グッドワイフ

 

常盤貴子さん演じる主人公が、唐沢寿明さん演じる夫が逮捕されることにより、16年ぶりに弁護士に復帰するというストーリーです。1話完結のストーリーなので、気軽に観ることができます。同僚弁護士に、小泉孝太郎さんが出演していますが、とてもカッコいいです。1話の最後は毎回スッキリする終わりかたなので、見終わった後に楽しい気持ちになれます。夫の不祥事と浮気の真相が少しずつ明かされていくと同時に、夫婦関係がどうなるのか、同僚弁護士との関係はどうなるのか、楽しめるドラマです。

 

トクサツガガガ

 

「トクサツガガガ」は、久しぶりにハマったドラマでした。

 

おすすめのポイントとしては、主演の小芝風花さんが演じる特撮隠れオタクのキャラクターです。オタクキャラとなると、どうしても地味なキャラクターになりがちです。しかし小芝風花さんの場合は、とても魅力的で愛らしさがあります。地味さは全く感じさせず、寧ろオシャレな雰囲気が漂っています。

 

かくいう私自身も特撮隠れオタクで、小芝風花さん演じるキャラクターには、共感せざるを得ません。思わず「あるある」と、頷くばかりです。

 

イノセンス 冤罪弁護士

 

坂口健太郎さん、「シグナル 長期未解決事件捜査班」の刑事役に続いて、またまたハードな役柄です。
2017年には、「ごめん、愛してる」では、白いタキシードがよく似合う王子様キャラのピアニストを演じていたのに…。
ここ数年で、グッと大人っぽく、格好良くなってきています。
今回の演技を見ていると、それが顕著に表れていて、ストーリーに引き込まれます。
加えて、面白いのは、毎回登場する実証実験です。
藤木直人さん演じる工学部准教授が、仮説を実証するのですが、なるほど…。と納得できる実権で、見ていて気持ち良い。
また、それを見せられた相手が反論できないから、痛快です。
坂口さんの法廷シーンも、クールでキマッテいる。
見所満載で、引き込まれます。

 

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

 

1話目を見た段階では、「バトル・ロワイアル」に似たようなストーリーなのかと思っていましたが、
「バトル・ロワイアル」とは内容が全然違っていて、菅田 将暉さん演じる教師の柊 一颯が自殺してしまった
生徒の事件を元に過ちを犯した生徒達に命を掛けて指導するというストーリーでした。

 

ストーリーは、教師の柊 一颯が自殺してしまったとされる景山澪奈の死の真相を解明していく中で
生徒達を正しく導くための授業が行われていきます。

 

個人的にオススメだと思う部分は、毎回行われる授業の中で特定の生徒にスポットを当てて、
柊の熱い指導が行われていくところがオススメなところではないかと思います。

 

柊 一颯を演じる菅田 将暉さんの迫真の演技は非常に見ごたえがあり引きつけられます。
「命を掛けている」という気持ちが表情にすごく出ていてとてもリアリティを感じる演技です。
あの鬼気迫る表情は素晴らしい演技だと思います。

 

柊が生徒の胸ぐらを掴んで諭すシーンや生徒と格闘しながら諭すシーンなど、
体当たりで生徒と向き合うシーンには、生徒に伝えたいという柊の強い思いが
込められていて見ていて非常に感動します。
柊が生徒を諭すシーンはぜひとも見て欲しいところです!

 

ストーリーも後半に入り、景山澪奈を死に追いやった犯人にどんどん迫っていくのも
気になるところですが、命を掛けた授業を行う柊の本当の目的が何なのかがまだ明らかに
なっていませんので、柊が授業を行う本当の目的にも注目してほしいと思います。

 

見始めると毎週次の展開が気になるとても面白いドラマです。
まだ見た事が無い人にはぜひとも1話から見て欲しいです。

 

人生が楽しくなる幸せの法則

 

神様が登場して、冴えないOL達に生き方を指南する。というリアリティ0で、あり得ないシチュエーションながら、神様のアドバイスが妙にリアルで、考えさせられることばかり。
面白いのは、夏菜さんや、高橋メアリージュンさんといった、綺麗でカッコイイ女優さんが、冴えないブスを演じていること。
普段はキマッテいるのに、ドラマでは、ヘアも、ファッションも、メイクもイマイチ。
でも、不思議と違和感なくその世界に入り込めてしまう。
そんな彼女たちが、神様のアドバイスに前向きに取り組む姿は、現実世界でも活かせる事が多くて面白いです。

 

始めて恋をした日に読む話

 

深キョンがまずかわいい。あれで36歳とか考えられない。ピンクリップが似合ってて、全身ピンクの服装で甘々なのに無敵ピンクのお陰なのか強さも持ち合わせているようにも見える。ゆりゆりの初めての模試の日に全身ピンクだったのは応援したい気持ちと、ゆりゆりの無敵ピンクが掛け合わさっているんだろうなと。ゆりゆりが大人の女性に甘える感じが年頃の寂しい女の気持ちを満たしてくれる!毎回テレビの前でキャーキャー言って、生きる活力貰ってます。かっこいいって正義。
ピンク頭見慣れて似合ってはいるけど、ゆりゆりの肌が白すぎて青髭が気になります。でも、年下の男の子に甘えられてきゅんきゅんできます!